生徒さん専用のページって便利そう…運用方法や作り方はどんな感じ?

GOの音楽部屋

生徒さん専用のページって便利そう…運用方法や作り方はどんな感じ?

今回の内容を動画でチェックされたい方は、こちら。

 

こんにちは、楽器教室専門ワードプレス何でも屋さんの、GOです^^

 

今回のテーマは、

生徒さん専用のページって便利そう…運用方法や作り方はどんな感じ?

です。

 

生徒さん専用ページ・・・ワードプレスでウェブサイトを作っておられる先生でしたら、

もう本当に、

え?!もう終わり?!

というくらいの勢いで、アッと言う間に作れてしまいます。

 

そしてそして。

アッと言う間に作れてしまうのに、ものすごく良い点が多いのです。

 

これは、ぼく自身がドラム教室の生徒さん向けに、

「生徒さん専用ページ」を作って、運用をしてみた結果です。

 

生徒さん専用ページを作って、ドラム教室を運用してみたところ・・・

1.生徒さんの離脱率(教室をやめる確率)が激減しました(※3年で2名。コロナ禍でも変わりませんでした。)

2.ビックリするくらい練習をしてこられる生徒さんが、とても増えました(3人に1人くらいの生徒さんが、課題曲を次のレッスンまでに仕上げてくる…という)

3.生徒さんとのコミュニケーションがより深まりました(LINEでご質問を頂くことが増えました。)

こんな感じです。

まぁ、アレです。

ドラムという楽器は、慣れてくると、一曲を仕上げるのにあまり時間がかからなかったりもしますので、

「次のレッスンまでに課題曲を仕上げてきちゃう」というのは、そこまで強調しなくても良いかもしれません。

 

ぼくが一番、

代表GO

おおお・・・これは良いことだ~!!

と、感じたのは、

 

生徒さんのモチベーションが、すごく上がった

という点です。

 

やっぱり、楽器教室の先生として大切なものは何か?と考えると、

この「生徒さんのモチベーションアップ」は、

すごく大切な要素になってくるのではないかな?と感じるのです。

 

だって・・・楽器の基礎練習って、チョット地味じゃないですか…(爆)

ぼくは、小学校の3~4年生くらいから中学生になるまで、

ピアノの基礎練習には、こんな教則本を使っていました。

今なら。今なら、ですよ。

今なら、

代表GO

あの練習をしておいて、良かったなぁ…

と、めっちゃ思います。

 

ピアノは4~5歳くらいから始めて、今でも趣味レベルですが弾いています。

それだけ長く楽しめるようになった理由の一つは、子どもの頃に基礎を叩き込んでもらったお陰で、ある程度、好きな曲を好きなように弾ける状態になっているから・・・です。

 

基礎練習をやっていなかったら、まぁ、弾きたい曲があってもなかなか上手く弾けず、

結局、つまらなくて諦めてしまっていたと思います。

 

でも子どもだった当時は、「基礎練習って退屈・・」という感じで練習をしている、アカン生徒でした(先生、ホントすみません…)

そして、ドラムの基礎練習に至っては、もっと地味です(爆)

 

高校の吹奏楽部では、先輩方が代々、使っておられるという、

「木の板」をスティックで打っていくという、基礎練習。

高校当時は「そんなもんなんだな」と思って、特に気にしていませんでしたが、あれはすごく地味…(ごめんなさい)

 

いや、だからこそです。

だからこそ、ドラム講師としてドラムを教える立場となった時、

この、地味で退屈な基礎練習に、楽しく取り組んでもらうには、どうすれば良いだろう?基礎練習へのモチベーションを上げるには、どうしたら良いだろう?

ということを、真剣に考えました。

 

そのための対策の一つが、「生徒さん専用ページ」だったという事ですね。

 

生徒さん専用ページには、どんな情報が載せられるの?

生徒さん専用ページは、ワードプレスの機能の一つである「固定ページ」というのを使います。

※投稿ページを使っても構わないのですが、そうすると、新着記事や関連記事に「生徒さん専用ページ」が表示される場合がありますので、固定ページの方が良いかなと思います。

 

そのため、通常の「固定ページ」を使って載せられる情報は、一通り載せられる、という事になります。

 

ぼくが実際に使っていた時に載せていたのは、

レッスンの日程表

アドバイス動画(3分~5分くらい)

課題曲のデモ演奏動画

基礎練習を一緒に取り組める動画

その他、ご質問へのご回答メッセージ

などなどです。

 

ピアノの先生をされておられる方でしたら、

発表会の写真を載せて、そこからダウンロードできるように設定したり、

生徒さんへの個別のお便りメッセージを送られたり、

より生徒さんとのコミュニケーションを深めたり、

モチベーションアップにつながるような使い方をされています。

 

動画を載せる際には、まずYoutubeに動画をアップしていました。

アップする時は、公開設定を「限定公開」にしておきます。

限定公開にする事で、Youtubeの検索結果や、オススメ動画などなど、

一般には公開されない設定となるからです。

 

その上で、生徒さん専用ページに動画をセットしていました。

 

生徒さん専用ページの作り方

生徒さん専用ページを作るには、まず、

固定ページ>新規追加

ということで、固定ページを新たに作るという形で進めていきます。

 

そして、公開をする際の「公開設定」を、

パスワード保護

という設定にして、任意のパスワードをセットすればOKです。

これだけです。

これで終わりです(笑)

あんまりにも簡単すぎますので、Youtubeの埋め込みについても、ご紹介をしたいと思います。

 

Youtubeに、限定公開でアップした動画を表示して、「共有」のところをクリックします。

 

そうすると、こんな感じの埋め込みコードというのが出てきます。

こちらの埋め込みコードをコピーして・・・

先ほどの、パスワード保護という設定にした、生徒さん専用ページに戻り、

編集画面を「テキスト」というモードにして、貼り付けます。

そうすると、動画がドバァ~ンと表示されます。

このブログ記事の冒頭にも、今回の内容についての解説動画が載っていますが、

同じ方法で張り付けているものです^^

 

まぁ、もう、びっくり!というくらいスグにできてしまいますので、

よろしければお試しいただければと思います。

 

今回のまとめ

さて今回は、

「生徒さん専用のページって便利そう…運用方法や作り方はどんな感じ?」

というご質問に、回答をしてみました。

 

作業自体はとてもシンプルですので、すぐにできてしまうのではないかと思います。

その割には効果がとても大きいという事で、改めて考えると、すごい良いことなのではないかな、

と感じます。

 

もちろん、大変な面もあります。

当たり前のことではありますが、たとえば生徒さんを50人ほど抱えておられるピアノの先生となると、

50人分の生徒さん専用ページを作るのが、まず大変です(^^;)

 

その場合は、生徒さんのクラスやグレードなどに合わせて、

「このグレード、このクラスより上の生徒さんには、専用ページがあります」

という運用方法でも良いかもしれません。あくまで一つのアイデアではありますが。

 

最後となりますが、この生徒さん専用ページ。

レッスンの様子を全て動画で撮影して、生徒さん専用ページにアップする…ということを、

未就学児~小学校低学年くらいの生徒さんについて、実践をすると、

保護者の方々がとても喜んでくださいます。

 

「レッスン中の様子を、ちょっと見てみたいなぁ」

と感じておられる保護者の方が、多いのかもしれませんね。

何か少しでも、ご参考になる部分があれば幸いです。

 

それでは。

ブログの更新情報を、ぜひお受け取りください

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの新着情報が届くようになりますので、

「楽器講師で集まってリモート演奏」の活動にご協力いただいた中で、

 

「舞台裏とか、作業の様子とか、ちょっと見てみたい」

という先生がおられましたら、ぜひ、お気軽にご登録くださいませ(^^)

 

 

楽器講師で集まってリモート演奏のプロフィール
楽器講師で集まってリモート演奏

■2021年1月 ピアノ、バイオリン、フルート、クラリネット、サックス、チューバ、ドラムの講師たちが集まり、発足

新型コロナウィルスの影響にて、レッスンに通う事ができなくなってしまった生徒さん達や、楽器から離れざるを得なくなってしまった生徒さん達のために、

「生徒さんに元気と楽しみ、想いを伝えよう!」

というコンセプトでスタートしました。

同じ想いの楽器講師の方、ぜひお気軽にご参加くださいませ^^

最新情報のチェックは、こちらのブログや、各SNSをフォローしていただけると嬉しいです!

楽器講師で集まってリモート演奏をフォローする
GOの音楽部屋
楽器講師で集まってリモート演奏をフォローする
楽器講師で集まってリモート演奏 公式サイト【Second Face】
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました